Cysayについて

Cysayについて

培養上清とは

培養上清とは、培地で細胞を培養した後、遠心分離により細胞を取り除いた後の上澄み液のことです。弊社ではこの培養上清のことを「再生因子(Cysay)」と呼んでいます。再生因子(Cysay)は幹細胞を培養する際に幹細胞が培養液中に発現する100種類以上の生理活性物質(タンパク質)の総称を指す言葉です。再生因子(Cysay)投与は、幹細胞移植と同等の効果が得られることがわかっており、細胞を使わない技術として一部の医療現場では臨床研究も行われています。弊社の再生因子(Cysay)は、細胞株の播種・ウイルス検査・培養・製造、全てが日本国内で行われているため、高品質で安全性の担保された製品です。 イメージ画像

 

 

イメージ画像

 

 

Cysay Logo

 

 

医学界では成長因子(グロスファクター)の発見が有名です。1986年にアメリカのドクターコーエンはEGF(成長因子)の発見でノーベル賞を受賞しました。再生因子(Cysay)という概念は幹細胞が作り出す成長因子全体を表します。
コーエン博士の発見したEGFも再生因子(Cysay)のメンバーの一つです。


再生因子(Cysay)は人体の再生に関してオールグロスファクターで細胞の再生から組織の修復へと多様化した再生の手助けをすることがわかってきました。単一の成長因子では不可能と思われていた組織の再生が、再生因子によって可能になりつつあります。

イメージ画像