株式会社Quarrymen&Co.|医療/美容/再生因子

ホーム > 次世代再生医療とは

次世代再生医療とは

まず、再生因子とは。最先端再生医療で、iPS細胞とは一線を画す技術。シンプルに言うと、細胞を使わない再生医療の主役。

今注目されはじめている再生因子

幹細胞の生理活性物質サイトカインは幹細胞が作り出すタンパク質系の生理活性物質で幹細胞同等の再生能力をもっています。この物質は薬剤として産業化に最も現実的な再生医療技術として注目を浴びています。

次世代再生医療を担う再生因子

医学界では成長因子(グロスファクター)の発見が有名です。
1986年にアメリカのドクターコーエンはEGF(成長因子)の発見でノーベル賞を受賞しました。
再生因子という概念は幹細胞が作り出す成長因子全体を表します。
コーエン博士の発見したEGFも再生因子の500種類のメンバーの一つです。
「再生因子は人体の再生に関してオールグロスファクターで細胞の再生から組織の修復へと多様化した再生を行うことがわかってきました。
単一の成長因子では不可能と思われていた再生医療が再生因子によって可能になりつつあります。

ページの上に移動